CBDオイルについて

ブロードスペクトラムCBDとは?

まだ聞きなれないかもしれませんが、「ブロードスペクトラムCBD」はこれから日本で増えるのかなと予想しています。

製品に配合されているCBDの種類には、「フルスペクトラムCBD」や「アイソレートCBD」があることは、CBD製品をリサーチしたことがある方であれば、お分かりかと思います。

簡単にご説明すると、フルスペクトラムとは、CBD単体だけでなく、その他のカンナビノイドであるCBN、CBG、CBC、テルペン類が含まれているCBDオイルのことです。CBDだけでなく、ヘンプが持つ微量成分をあますことなく摂取することができるので、アントラージュ効果(※)が期待できると言われています。

※植物エキスのアントラージュ効果とは、植物に含まれる単離された成分よりも、様々な成分が含まれる植物エキスの方が、様々な成分の相互作用によって優れた治療効果が期待できるというもの。

一方で、アイソレートとは、ヘンプオイルからCBDだけを単離し、その他のカンナビノイドが含まれていません。アイソレートCBDオイルとは、単離したCBDアイソレートとベースオイルを混ぜた製品です。

ブロードスペクトラムCBDとは?

では、ブロードスペクトラムCBDの定義は何でしょうか?

簡単に言うと、先述のフルスペクトラムとアイソレートの中間といったところ。ブロードスペクトラムCBDはフルスペクトラムCBDからTHCを取り除いたものです。THCを摂取することなく、フルスペクトラムCBDの持つアントラージュ効果を得ることができるということになります。

そのため、THCを摂取したくない方、アスリートの方に最適ではないかと思っています。そして、規制の厳しい日本のマーケットにも最適なので、これから日本で増えてくるカテゴリーと予測しています。

 

ブロードスペクトラムCBDの製造方法は?

製造方法にはいくつかあるようですが、1つには、アイソレートCBDにTHC以外のカンナビノイド、テルペン、フラボノイドを加える方法があります。

その他には、フルスペクトラムエキストラクトから、特別な方法でTHCを除去するというものです。そのため、THCが非検出レベルになります。

THCが決して悪者であると言っているのではなく、THCが遺伝的に体に合わない人、ドーピングテストのある競技者など、THCが入っていると困る場合があります。

 

ブロードスペクトラムCBDのメリット

ブロードスペクトラムCBDを選ぶメリットは、THCの混入なく、フルスペクトラムCBDの良いところを得られること。

最近、アイソレートCBDよりもフルスペクトラムCBDの人気が高いのは、やはりCBD以外のカンナビノイドやテルペン類の相乗効果です。

 

ブロードスペクトラムCBDの製品はどれですか?

10月に日本に輸入完了したオーツCBDオイルは、ブロードスペクトラムCBDを使用しています。厚生労働省に事前に承認を得て、正式に日本に輸入し、食品届を提出しています。

THC濃度は非検出レベルですが、フルスペクトラムの持つアントラージュ効果も期待できます。

 

お問合せは、info@cbdhonpo.com

 

 

今年アメリカで最も急成長したCBDオイル

今アメリカでいちばんホットなサプリメントと言えば、CBDオイルです。
CBDオイルとはカンナビス、大麻草ですが、CBDオイルに使用されている
産業用ヘンプには、いわゆる”ハイになる”成分である
THC(テトラカンナビノイド)の濃度が低い、または除去されており
サプリメントとして販売されています。
日本でも、原料に使用されるヘンプの部位の規制はあるものの、合法的に
輸入が可能です。

続きを読む

CBDオイルの種類の違い ~ ロー、ろ過、脱炭酸

CBDオイルの色々~加工方法による種類の違い

 

CBDオイルの商品ラベルや商品情報をみると、英語だと<Raw, Decarboxylated, Filtered>という表記が見られます。日本語にすると、<ロー(加熱処理されていない)、脱炭酸、ろ過>ということになりますが、これらは製造過程での加工処理の違いを意味します。

これら3つの異なる加工処理によるCBDオイルの特徴を少し詳しくご説明します。

続きを読む

CBDオイルと医薬品の相互作用

CBDとシトクロムP-450

CBDはエンドカンナビノイドシステムに働きかけ、様々な疾患の役に立つことが多くの研究で明らかになっています。

CBDオイルは食品ですので、お医者さんの処方箋がなくても購入できますが、医薬品を服用している方には知っておいていただきたい事があります。

それは、CBDはシトクロムP-450という酵素を阻害する働きがあることです。

続きを読む

CBDオイルについて

嗜好大麻(マリファナプラント)と産業用大麻(ヘンププラント)の違い

もとは同じCannabis Sativa L.という植物ですが、長年に渡り改良されてきた結果、嗜好品としての大麻草、産業用としての大麻草に分かれました。

そして、マリファナは精神作用のあるTHC(テトラヒドロカンナビノイド)が高含有するように栽培され、ヘンプは種子や繊維を採取する目的で栽培された産業用の農作物です。

CBDオイルは、産業用に栽培されたヘンプから抽出されており、もともとTHCはほとんど含有されていません。

 

続きを読む