CBDと運動

アスリートがCBDを使うべき5つの理由

元マウンテンバイクレーサーで、現在はウルトラランナー(フルマラソンよりも長距離を走る)であり、Prevail BotanicalsというCBD製品の会社のCEOであるブロック・キャノンが、彼がカンナビスと出会ったきっかけについて書かれた記事をみつけたので、シェアしたいと思います。

アスリートがCBDを使うべき5つの理由

By ブロック・キャノン(ウルトラマラソンランナー / Prevail Botanicals, CEO)

 

1996~2015年にかけて、私はプロのマウンテンバイクレーサーでした。レース後は、膝、腰、足に炎症が生じ全身の痛みが耐え難いものでした。

当然ながらイブプロフェン(抗炎症鎮痛剤)を服用していましたが、2錠だったのが、引退する直前には、1回12錠服用するまでになっていました。

鎮痛剤の飲み過ぎで肝臓が悲鳴をあげていたのは言うまでもなく、何か代替薬を探し始めていました。

私はユタ州の保守的な田舎の出身で、カンナビス、ヘンプ、関連製品については知らなかったし、知ろうともしていませんでした。しかし、多くの人がこれらを使って、痛みを克服したということを知り、レース後に体の回復を助けるために、カンナビスのエディブルやオイルを試し始めました。

結果は驚くべきことに、レース後1週間もたたないうちに体は回復し、イブプロフェンは使わずにすんだのです。

カンナビスを使うようになってから2年、ウルトラマラソンランナーとして、カンナビスとCBDオイルは手放せないものになりました。膝の痛み、筋肉の腫れを抑えるために、毎日少量使用し、夜は、長距離のランの後、オイルを使用しました。

これらの経験をもとに、アスリートがなぜCBDを使うべきか、5つの理由について述べたいと思います。

 

 

回復時間の短縮

回復が早ければ早いほど、アスリートはトレーニングに早く戻れ、耐久性、強度、筋力を築き上げることが可能です。CBDには、ケガからの回復やトレーニングとトレーニングの間の疲労の回復を助ける働きがあることが報告されています。

 

睡眠の改善

ハードなレースやトレーニング後の夜は、ベッドに入っても足がまだ動いているような感覚があります。CBDには精神を穏やかにする働きがあり、質の良い眠りが得られるようになりました。

多くのアスリートが、通常の摂取量のCBDを使うことによって、朝起きると痛みもなくリフレッシュした感覚が得られると言っています。

 

レース中の不安感の減少

レースの日は緊張し、イライラするものです。CBDはアスリートの緊張をほぐし、不安感を減少させることが報告されています。

 

食欲増進と吐き気の減少

CBDをがん患者に摂取させると、食欲が増進し化学療法副作用である吐き気を抑えます。アスリートにも似たような働きをする可能性があります。ハイインパクトなトレーニングの後は、食欲が落ちるものですが、CBDを使うことによって、食欲を助けることが可能かもしれません。

 

免疫サポート

多くのアスリートは、免疫をサポートするために、ビタミンC、リジン、亜鉛などのサプリメントを利用しますが、CBDを加えることは、さらに免疫力を高めるのに役立ちます。

CBDは体の免疫機能を強化し、過度のトレーニングでも体の機能を維持するよう助けます。

 

(原文:CBD health & wellness, issue 1, p.12-14)

 

 

ブロック・キャノン

 

※大切なことを追記すると、世界アンチドーピング機関(WADA)は、CBDを禁止成分から除外しています。そのため、CBDの使用は安全ですが、中には、微量のTHCが含まれる製品もあります。製品を選ぶ際には、CBD以外のカンナビノイドが含有するフルスペクトラムCBDではなく、単離したCBDを使用したアイソレートCBDを使った製品をお使いいただくことをお勧めします

 

ヨガとCBDのコラボがすごい3つの理由

ヨガとCBDの共通点

ヨガや瞑想(メディテーション)とCBDの相性が良い理由は、どちらも、心と身体のバランスを整えるツールであり、似たもの同士で相性が良いようです。

私も、かれこれヨガは5年以上やっておりますが、ヨガは、体幹を鍛えるエクササイズはもちろんのこと、自分の内なる声に耳を傾け、ざわついたマインドを落ち着かせる効果があると感じています。

CBDは、食欲、感情、運動、神経保護、痛み、免疫などを調整する恒常性(ホメオスタシス)を調整する機能の働きを良くし、体の恒常性(ホメオスタシス)を保ちます。

ヨガとCBDのコラボについて、今回は考えてみたいと思います。

 

 

麻とヨガの歴史

CBDは麻の成分の1つですが、もともと、麻とヨガは古くから密接な関わりがありました。ヨガの教典、ヨガ・スートラを編さんしたインド人のパタンジャリによると、悟りを開くために大事な通る道の1つに、あるハーブの利用が書かれています。数千年も前のことです。

ここに書かれている「あるハーブ」とは、麻、カンナビスのことではないかと言われています。

 

ヨガとCBD

ヨガとCBDを組み合わせることで、下記のような良い働きが期待できる可能性があります。

 

不安感の軽減

あるパーソナルトレイナーが、不安感を持つクライアントのために、ヨガとCBDを組み合わせてみたところ、CBDの抗不安作用がうまく働いたという事が、2018年8月のForbesの記事にありました。(Forbes, Aug 12, 2018

ヨガマットに座った時に、集中できず色々な考えが頭をめぐり、心ここにあらずになる時が少なからずありませんか?ヨガの前に、CBDを試してみたら、集中力が高まるだけでなく、リラックスして不安な気持ちも和らぐ可能性があります。

ヨガの様々な難しいポーズだって、チャレンジできるかもしれませんよ!

 

 

柔軟性の改善

関節炎で抗炎症薬セレブレックスを服用していたTriciaは、薬の副作用で体重が増加し、息切れもあったので代替となるものを探していました。CBDを使ったところ、炎症が鎮まり柔軟性とスタミナが増したと、ニューヨークポストにコメントしています。(New York Post, May 22, 2017)

また、CBD配合クリームやローションをヨガの前後に使うのも、筋肉の炎症を鎮め、体の回復時間を早めるのに役立つでしょう。

 

サバスナとアナンダミド

体の中には、カンナビノイド受容体と反応する、内因性カンナビノイドのアナンダミドがありますが、ヨガの終わりにマットの上でリラックスする最後のポーズ、サバスナのポーズでは、このアナンダミドが作られるのを助けるそうです。

CBDはアナンダミドが体に長く留まるように役立つため、肉体的な緊張やストレス、精神的なリラクゼーションを高めることができます。

 

おすすめのCBDは?

CBD製品にも色々ありますが、ヨガを始める前に使ってすぐに効果が出やすい、ティンクチャー(ドロップ)がおすすめです。

通常、舌下に垂らし、しばらく口に含んでから飲み込みます。ヨガの前後にご利用になってみてはいかがでしょうか?

 

ヨガとのコラボを実現させたい!

ヨガリトリートやヨガワークショップとコラボさせてください!

ヨガのクラス、リトリート、ワークショップにご提供しますので、ヨガとCBDのコラボさせていただけませんか?

 

ご興味のある方は、商品を無料でご提供します。是非、ご連絡ください。

 

<条件>

・個人またはスタジオでヨガや瞑想を教えているインストラクターの方

・クラス、リトリート、ワークショップでCBDを使用していただける方

・クラス、リトリート、ワークショップの様子を取材、またはフィードバックにご協力いただける方

 

<お問合せ>

Happy Healthy ヨガとCBDのコラボ係

info@happy-healthy.us