最近、日本でも電子タバコ(Eシガレット)が徐々に人気となっています。

日本の電子タバコ用に用いられる液体はEリキッド(Eジュース)と呼ばれ、ニコチンが入っておらず(アメリカにはニコチン入りが販売されています)、様々なフレーバーが楽しめます。タバコの嫌な臭いが口に残ることも、服に残ることもなく、また、禁煙の補助にもなるということで需要が高まっています。

電子タバコは、装置(ヴェポライザー)がEリキッドを熱によって霧状のエアロゾルにし、それを吸引します(==>属にベイプすると言っています)。タバコと違いタールが発生しませんので、毒性物質の暴露はタバコに比べて低い可能性があるとして、タバコによる喫煙よりも害が少ないとして今後需要がますます高まると予想されます。

続きを読む